食べる 見る・遊ぶ

博多駅に「エヴァンゲリオン」カフェ エヴァ車両の運行記念で

「500 TYPE EVA Cafe」店舗イメージ

「500 TYPE EVA Cafe」店舗イメージ

  •  
  •  

 博多駅の新幹線改札内に11月7日、「エヴァンゲリオン」をイメージしたカフェ「500 TYPE EVA Cafe(500タイプエヴァカフェ)」がオープンする。

「500TYPE EVA」車両イメージ

 山陽新幹線の全線開業40周年と「エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を記念して登場する、山陽新幹線の「500TYPE EVA」車両に合わせて展開するもの。場所は、「カフェ・エスタシオン博多」内。店舗に「エヴァンゲリオン」の世界観を表現した装飾を施すほか、オリジナル食器を使ったコーヒーや「使徒カレー」などを提供する予定。

[広告]

 筑紫口側2階ひかり広場内のキオスク売店は、エヴァンゲリオン関連商品をそろえるショップ「500 TYPE EVA SHOP」へリニューアル。福岡限定の「500TYPE EVA」のオリジナル商品などを展開するという。

 営業時間は、カフェ=7時~21時、ショップ=10時~18時。展開は2017年3月までを予定。

SmartNews Awards 2019