食べる

博多に豚足専門店「極上豚足 釘本食堂」-台湾でほれた味を再現

釘本食堂の豚足は4時間煮込むのが特徴

釘本食堂の豚足は4時間煮込むのが特徴

  •  
  •  

 博多に1月20日、豚足専門店「極上豚足 釘本食堂」(福岡市博多区店屋町、TEL 092-291-2022)がオープンした。運営は福岡市東区や春日市などで飲食店「キッチンよい一日」「キッチン米一」などを手掛ける「米一」(東区千早2)。

博多にオープンした「極上豚足 釘本食堂」外観

 「台湾旅行の際に出会った豚足のおいしさに衝撃を受け、作り方を教わった」という店主の釘本健さんが台湾仕込みの豚足をメーンに提供する同店。店舗面積は約18坪。席数は30席。

[広告]

 豚足は、化学調味料は使わず、特製のしょう油を使い4時間近く煮込んで完成。「あっさり食べられるのが特徴」と釘本さん。メニューは、豚足と野菜、ご飯、みそ汁をセットにした定食「豚足Aセット」(700円)と煮玉子と厚揚げを加えた「豚足Bセット」(880円)などを用意する。テークアウトにも対応する。夜は今後アルコールに合う一品料理も用意する予定という。

 営業時間は11時~22時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加