中洲にホテル「ファーストキャビン」-航空機のファーストクラスをイメージ

「ファーストクラスキャビン」イメージ

「ファーストクラスキャビン」イメージ

  • 0

  •  

 中洲の商業施設「gate’s(ゲイツ)」(福岡市博多区中洲3)8階に今春、航空機のファーストクラスをイメージしたホテル「ファーストキャビン博多」が開業する。

[広告]

 「カプセルホテル」と「ビジネスホテル」の間の価格帯で提供する「コンパクトホテル」として、ファーストキャビン(東京都千代田区)が大阪、京都、羽田空港、秋葉原の4カ所で現在展開している。羽田空港内の同ホテルでは開業以来90%を超える稼働率を誇るという。

 5施設目となる同ホテルの延べ床面積は約385坪。120センチのセミダブルベッドを備え、広さ4.4平方メートルの「ファーストクラスキャビン」、2.5平方メートルの「ビジネスクラス」の2種類の客室計120室のほか、大浴場、ラウンジ、Wi-Fiなども設ける。

 料金は未定だが、既存店の価格(ファーストクラス=5,500円~5,900円、ビジネスクラス=4,500円~4,900円)と同等となる見込みという。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース