天気予報

29

18

みん経トピックス

キャナルで光と映像のショースチールカメラマンの遺作展

県警マスコット「ふっけい君」が防犯講演会-福岡県警博多署

  • 0
県警マスコット「ふっけい君」が防犯講演会-福岡県警博多署

「福岡」と書かれた法被と提灯を持つ、県警のマスコット「ふっけい君」。子どもたちにも大人気。

写真を拡大 地図を拡大

 福岡県警博多警察署(福岡市博多区博多駅前2)は8月9日、市立弥生小学校(那珂4)で夏休み期間中の小学生らを対象に防犯講習会を行い、署員と県警マスコットの「ふっけい君」が防犯講習を行った。

 弥生校区は地域のパトロールやボランティアの防犯グループにより、博多区の19校区中犯罪が少ないことも紹介され、地域の安全・安心についての取り組み意識も高いという。講堂には、校区の児童や住民ら約100人が集まった。署員らが交通ルールや夏休み中のレジャー事故の防止を訴え、知らない人についていかない、家に出先を告げていく、など、「ふっけい君」と4つの約束を児童らとともに復唱した。

 その後、県警音楽隊が「篤姫」のテーマや「崖の上のポニョ」の主題歌など5曲を演奏、カラーガード隊による「ひょっこりひょうたん島」「星に願いを」などのフラッグオンステージを披露した。那珂中の吹奏楽部は県警音楽隊とのコラボで「銀河鉄道999」などの演奏も。

 同署生活安全課の中村光孝さんは「今後も目や耳に訴えて、みなさんが楽しんでもらえるような防犯教室を開いていきたい」と話す。同署では、今後もコンビニエンスストアの防犯啓発活動なども予定している。

女みこしの「中洲まつり」、準備が本格化-女性が拍子木も(博多経済新聞)春の交通安全フェアで「相棒」コンビが特命係に-キャナルで(博多経済新聞)中洲で防犯カメラ運用開始-安心・安全なまちづくり目指す(博多経済新聞)福岡県警察

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング