「和」のおもてなしをコンセプトに-山陽・九州新幹線のインテリア発表

グリーン車の内装イメージ。客室には古代桜調の木目を使用し、通路部は金茶色の花唐草模様の絨毯を使用。重厚感のある造りに。自由席以外は4列のゆとりある配置に。

グリーン車の内装イメージ。客室には古代桜調の木目を使用し、通路部は金茶色の花唐草模様の絨毯を使用。重厚感のある造りに。自由席以外は4列のゆとりある配置に。

  •  
  •  

 JR九州(本社=福岡市博多区博多駅前3)とJR西日本(本社=大阪市北区)は7月23日、2011年春の九州新幹線全線開通に合わせて、山陽新幹線との相互乗り入れに使われる車両のインテリアデザインを発表した。

 新型車両はJR九州とJR西日本が共同開発したもので、最新型のN700系をベースとしている。デザインのコンセプトは、日本の美しさやりりしさを表す「凛」をキーワードとしており、テーブルや手すりに木材を使用。デッキ部や喫煙ルームにも木目をあしらい、和とくつろぎをイメージしたという。座席の生地も車両によって花唐草模様や日本の山並を表す遠山模様、季節感あふれる桜の花柄など、温かみのあるインテリアに。

[広告]

 グリーン席はN700のグリーン席に、新たにレッグレストと枕を設置するほか、指定席にも子ども連れの乗客に配慮し、跳ね上げ可能のひじ掛けを採用した。

 直通運転は上下線とも1時間に1本程度の予定で、新大阪-鹿児島中央間を4時間前後で結ぶ見通し。今年10月末の完成を予定しており、山陽新幹線内で各種走行試験を実施する。

鉄道と観光を一緒に楽しむスタンプラリー「トレインピック」(博多経済新聞)JR九州、省エネ車両導入拡大-エネルギー削減(博多経済新聞)東急ハンズ、九州出店が正式決定-新博多駅ビル(博多経済新聞)JR九州JR西日本

  • はてなブックマークに追加