見る・遊ぶ

松山ケンイチさん、博多駅で列車「A列車で行こう」と対面

松山ケンイチさん(左)と村川絵梨さん

松山ケンイチさん(左)と村川絵梨さん

  •  
  •  

 映画「僕達急行 A列車で行こう」の公開を前に2月10日、同名の特急列車「A列車で行こう」が博多駅に入線、同作に出演する松山ケンイチさん、村川絵梨さんが駆け付けた。

 「家族ゲーム」「間宮兄弟」などの森田芳光監督が手掛けた同作。大企業で働く小町圭(松山さん)と下町の鉄工所の2代目・小玉健太(瑛太さん)。鉄道を愛する2人の友情や恋、仕事に奮闘する姿を描く。東京のほか、博多駅、福博であい橋など九州各地でロケを行った。

[広告]

 同作のPRに合わせて、昨年10月8日に運行を開始した同名の特急列車「A列車で行こう」(熊本~三角間を運行)が博多駅に特別入線。列車が到着すると松山さんは「(同名の列車に)感動した」と一言。運行開始日にJR熊本駅の一日駅長を務めた村川さんは「あらためて見るとかっこいい」と目を輝かせ、到着から約15分後に出発した列車に笑顔で手を振り見送った。

 劇中には20路線80モデルの電車が登場する。「電車の魅力が詰まった作品」と村川さん。松山さんは「九州も舞台になっている作品なのでぜひ見てほしい」と呼び掛けた。

 同作は3月24日公開。

  • はてなブックマークに追加