食べる

博多阪急、初のバレンタイン商戦へ-九州初ブランドや限定商品も

アンジェココ×うきは百姓組のコラボ商品「ショコラ・ヒャクショー」

アンジェココ×うきは百姓組のコラボ商品「ショコラ・ヒャクショー」

  •  
  •  

 博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)は2月1日より、バレンタイン商品を展開する。

 地下1階と1階で同日より先行販売し、同8日より8階に特設会場を設ける。同店では、「プラリベル」(ベルギー)の「デザートショコラ」(1,575円)、「コンパーテス ショコラティエ」(アメリカ)の「ラブフルーツ」(1,260円)など九州初登場の13ブランドをはじめ、約90ブランドをそろえる。

[広告]

 地下1階の洋菓子店「アンジェココ」と青年農業集団「うきは百姓組」とのコラボレーション商品「ショコラ・ヒャクショー」(2,001円)など同店限定商品も用意する。

 8階の特設会場では、チロルチョコ誕生50周年を記念し、歴代のチロルチョコのパネル展示や歴代CMなどを上映するミニギャラリーも展開。2月3日~5日に2階・M3階・3階の婦人服フロア「HAKATA SISTERS」で5,000円以上の購入客にチョコレートの試食券を進呈するなど関連イベントも行う。

 営業時間は、地下1階~4階=10時~21時、5階~8階=10時~20時。2月14日まで。

  • はてなブックマークに追加