博多「どんたく」名場面を一堂に-写真コンクール入賞作品展示

参加者たちはもちろん、沿道の表情や雰囲気もそのまま伝わってくる写真が展示されている。

参加者たちはもちろん、沿道の表情や雰囲気もそのまま伝わってくる写真が展示されている。

  • 0

  •  

 5月3日・4日に行われた「博多どんたく港まつり」の写真コンクール入賞作品の展示が6月26日、福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町)8階のあじびホールで始まった。計35点を展示している。

 同日10時30分から授賞式が行われ、入賞した35人のうち約25人が表彰された。作品はカラー4ツ切りで、昨年より約50点多い456点の応募があった。「今年は好天に恵まれたことから、レベルの高い写真が多かった」(主催者関係者)という。会場では35点を展示する。

[広告]

 会場では、どんたくをテーマにした小学生絵画コンクールの入賞作品も同時に紹介、クレヨンやパステルで描かれた作品11点を展示している。こちらも昨年より多い108点の応募があった。1・2年生の部、3・4年生の部、5・6年生の部のそれぞれ最優秀作品は、来年のどんたくで配られるうちわに掲載される。

 会場を訪れていた久留米市在住の熊井とし子さんは「今年のどんたくは行けなかったが、いい写真を見られて良かった。昔とは変わって、子どもからお年寄りまで楽しめるようになりましたね」と感慨深げに作品を眺めていた。

 同振興会を構成する、福岡商工会議所の事業推進部次長の吉本健一さんは「今年は特にどんたくの人出も多かったので、写真を見て振り返ってもらい、来年は出てみようかなと思っていただけたらうれしい」と話す。

開場時間は10時~20時(最終日は17時まで)。水曜定休。入場無料。7月8日まで。

どんたく広場でミッキーとミニーがキス(関連画像)ミッキー効果で「博多どんたく」の人出は220万人に(博多経済新聞)博多川水上に「どんたく」演舞台初設置(博多経済新聞)博多どんたくを墨で描く-井筒屋で墨彩画展(博多経済新聞)福岡アジア美術館

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース