食べる

博多阪急でグルメイベント「甘いものvs辛いもの」 38店舗が出店

「H.マリトッツォ」の「マリトッツォ(生クリームサンド)」

「H.マリトッツォ」の「マリトッツォ(生クリームサンド)」

  • 20

  •  

 グルメイベント「夏のグルメフェス 甘いものvs辛いもの」の開催が8月4日、博多阪急(福岡市博多区博多駅中央街)8階催場で始まる。

「康華楼」の「辛味小籠包」

[広告]

 「甘いもの・辛いもの」をテーマに「食を増進させるスイーツ、総菜」などを全国から集めたグルメイベント。「菓匠 撰利久」(宮城)や「スパイス専門店 スパイスフレバー」(福岡)など同店初登場7店舗を含む約38店舗が出店する。

 ラインアップは、「H.マリトッツォ」(東京)のクリームをブリオッシュ生地でサンドした「マリトッツォ(生クリームサンド)」(3個入り1,501円、各日限定100個)、「原いちご農園」のあまおうスイーツ「あまおうけずり」(660円)、「マルガージェラート」(石川)の「マスカルポーネとオレンジバニラ」(501円)、「蜂の家」(長崎)のビーフカレーをドーナツ生地で包んだ「カレーパン」(216円)、「康華楼」(神奈川)の「辛味小籠包」(8個1,296円)、「桜島や」(鹿児島)の「赤から」(100グラム432円)などをそろえる。

 催事企画担当の米村義則さんは「映える、話題のスイーツやさまざまな風味をそろえたアイス、専門店から学ぶスパイス選びなど、この夏を楽しんでもらえる催しとなっている。旅行など遠出がしづらい状況だが、自宅に持ち帰り、甘辛フードで暑さを吹き飛ばしてもらえれば」と話す。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時まで)。8月10日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース