博多華丸さん主演ドラマ「めんたいぴりり」、続編放送へ

江口カン監督(左)と千代子役の富田靖子さん

江口カン監督(左)と千代子役の富田靖子さん

  •  

 ふくや(福岡市博多区中洲2)の創業者・川原俊夫さんの人生をドラマ化した「めんたいぴりり」の続編「めんたいぴりり2」が2月20日・27日、テレビ西日本で放送される。

 2013年8月にテレビ西日本で開局55周年記念ドラマとして制作・放送された1作目。国内21局のほか、前半の舞台にもなった韓国・釜山をはじめ、海外でも放送され、第51回ギャラクシー賞奨励賞など数々の賞を受賞。3月には博多座での舞台も控える。

[広告]

 原作は、「明太子をつくった男 ふくや創業者 川原俊夫の人生と経営」(川原健著)。主人公・海野俊之は前作に引き続き博多華丸さん、妻・千代子は富田靖子さんが演じる。監督も前作に続き、江口カンさんが務める。スケトウダラ役には博多大吉さん、ストーリーのカギとなるゲストには落語家の月亭方正さんが登場する。

 2月17日に開かれた会見には江口さん、富田さんが出席。「続編が実現したのは前作が受け入れられたおかげ」と江口さん。「今回もドカドカ笑って泣ける内容に仕上がった」と自信を見せる。富田さんは「千代子は憧れの女性。また演じられてうれしい」と笑顔を見せる。

 博多座の舞台にも俊之役で出演しており、会見は稽古のため欠席した華丸さんは「前作とは違い、西鉄ライオンズの話題を盛り込んだり、月亭方正さんが出演したりするなど、バラエティーに富んだ作品になった」とVTRでコメントを寄せる。

 20日の前編、27日の後編の2部構成。放送時間は両日とも19時~19時57分。