食べる

一蘭に新メニュー「とんこつ酒」-原材料に「ラー麦」も

ラーメン店「一蘭」にオリジナルの酒「とんこつ酒」が登場

ラーメン店「一蘭」にオリジナルの酒「とんこつ酒」が登場

  •  
  •  

 ラーメン店「一蘭」(福岡市博多区中洲5)が2月2日、オリジナルの酒「とんこつ酒」の提供・販売を始めた。

スープの白濁色にちなんで「とんこつ酒」に

 福岡の老舗酒蔵「篠崎酒造」(朝倉市)と共同で手掛けた「にごり酒」で、原材料には、福岡県が福岡ブランドの確立などを目的に開発したラーメン専用の小麦「ラー麦」を使った。「一蘭の天然豚骨スープの色に近い白濁色のお酒なので『とんこつ酒』と名付けた」(広報の大金倫子さん)という。

[広告]

 味について「酸味と甘味のバランスがよく飲みやすい。女性に特に飲んでいただければ」と大金さん。「これからの季節、卒業・入学祝いの乾杯の一杯や花見の席にもおすすめ」とも。

 価格は180ミリリットル680円。全国の一蘭で店内メニューとして提供するほか、通信販売、一蘭本社総本店(中洲5)1階の土産売り場での販売も行う。

  • はてなブックマークに追加