天気予報

23

11

みん経トピックス

PR

特集

エリア特集2016-08-31

アートを身近に
博多で「アートフェアアジア福岡」

ホテルオークラ福岡(福岡市博多区下川端町)で9月10日・11日、アートフェア「ART FAIR ASIA FUKUOKA(アートフェアアジア福岡)2016」が開催される。2日間、ホテル客室がアートであふれるギャラリーと化す。

■国内外38ギャラリーが一堂に

「アートフェア」とは、複数のギャラリーが集い、それぞれの一押し作品を並べ、展示販売を行うアートの見本市。昨年9月、福岡のアートシーンを盛り上げようとギャラリーの店主らが企画し、県内外の27のギャラリーが参加して初めて開かれた。

2回目となる今年は、九州を中心に東京や大阪、ソウル、台北など国内外から計38ギャラリーが参加する。会場はホテルオークラ福岡9階客室。各ギャラリーが室内の壁やベッドの上などにアート作品を思い思いに展示する。

実行委員長を務める「Gallery MORYTA(ギャラリーモリタ)」(中央区赤坂3)の森田俊一郎さんは「海外に比べ、日本のアートマーケットは小さい。ギャラリーのためのフェアではなく、街の中に芸術や文化を根付かせるきっかけとなるフェアにしたい」と話す。

展示される作品は、絵画や彫刻、立体、版画、写真などさまざま。真っ白なシーツの上に並べられた現代アート。展示の仕方にもギャラリーの個性が表れる。「プロが目利きした、世界に通用する『価値観(アート)』を仕掛けてくる場。自分の美意識を高める良いきっかけにもなるはず」。

38の参加ギャラリーのうち、8つが九州からの出展。地震に見舞われた熊本からは「なかお画廊」が初参加する。「被災して大変な時期にもかかわらず、協力していただいている」と森田さん。

■若手作家の育成も

期間中は、ギャラリストによるトークイベントなども予定するほか、「愛着を感じられるフェアにしたいので、地域の若手作家の才能を見せる機会を作った」と、今年は若手アーティストの育成も兼ね、初めて公募展を開催。来場者による投票企画も行い、「ここから次回のアートフェア参加や時代を担う作家の誕生を期待したい」と話す。

「アートはみなさんが思っているよりも身近なもの。オリンピックを楽しむのと同じようにアートを見て、気軽に楽しんでいただければ」。

取材・文/編集部 秋吉真由美

博多で「アートフェアアジア福岡」 ホテル客室でアート展(博多経済新聞)アートフェアアジア福岡

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

商業施設「KITTE博多」が4月21日、開業1周年を迎えた(この写真の記事へ)。1周年感謝祭の宣伝隊長に就任したタレントの彦摩呂さんが館内飲食店でグルメレポートを披露
[拡大写真]

アクセスランキング