天気予報

33

24

みん経トピックス

PR

博多にホラーアトラクション博多バスターミナルに飲食店

劇団四季ミュージカル「美女と野獣」、博多で開幕

劇団四季ミュージカル「美女と野獣」、博多で開幕

キャナルシティ劇場で劇団四季ミュージカル「美女と野獣」が開幕

写真を拡大 地図を拡大

 キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1)で3月13日、劇団四季ミュージカル「美女と野獣」が開幕した。

 「一夜の宿を恵んでほしい」と城にやってきた老婆の醜い姿を嫌い追い返したことで、魔法で醜い野獣に変えられた王子と、美しく聡明(そうめい)な娘・ベルのラブストーリーを描く同作。1994年にブロードウェーで初演されたディズニー初のミュージカル作品で、翌年には東京と大阪でも上演。これまでに約5300回、累計約505万人を動員している。スワロフスキーを施した幅11メートル、高さ7メートルの「野獣の城」など華やかなセットやきらびやかな衣装も見どころで、福岡での公演は10年ぶり3度目となる。

 「子どもから大人まで深い感動を持てる作品」とビースト役の北澤裕輔さん。10年前に同劇場で鑑賞し、ベルに憧れていたという福岡市出身のベル役・平田愛咲(あずさ)さんは「故郷・福岡でこの役を演じられて光栄。精いっぱい演じたい」とコメントを寄せる。

 劇団四季は2017年6月から3年間、同劇場を専用劇場とする予定。北澤さんは「3年間の足がかりとなる作品。一人でも多くの方に演劇の感動を伝えたい」と意気込みを見せる。

 料金は、S席=9,800円、A席=8,000円、B席=6,000円、C席=3,000円ほか。公演は8月28日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング